血液浄化療法はじめました

DSCF5606.JPG

血液浄化療法はじめました

血液浄化療法とは

通常の人工透析療法が困難な”腎不全”や重症の膵炎・肝不全などの患者様に対して長時間でゆっくりと体液調整を行う患者様にとって負担の少ない治療法です。
血中から人体に有害な物質を体外へ除去し、病体の改善を図ります。

血液浄化療法の適応となる疾患

1.急性腎不全、慢性腎不全、急速進行性腎炎
2.劇症肝炎、急性肝不全、術後肝不全、肝性昏睡
3.多臓器不全、エンドトキシンジョック
4.悪性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス
5.家族性高コレステロール血症、閉塞性動脈硬化症、巣状糸球体硬化症
6.潰瘍性大腸炎
7.血液型不適合腎移植
8.重症筋無力症、ギランバレー症候群、多発性硬化症
9.薬物中毒

などの疾患に対して各種の血液浄化療法が単独あるいは組み合わせて行われます